2009年07月19日

なんか・・・

 気がつくと1ヶ月も更新していない。

 家に戻るのがけっこう遅かったり、大会の準備も結構あったり…
 

 今振り返ると、けっこう忙しかったんだよね。

 地区の情報(ホール前練習)も、地区大会も何も書く事すらできなかった。


 というわけで、コンクール中央地区大会が、何とか終了。

 たぶん、疲れてる原因は、これだったかな。

 事務的なことが多すぎて。でも、終ったからいいんだけど。


 下北地区からは、高校がたくさん県大会に出場。
 T高、O高、O校舎、M工。特に小編成の3団体がおもしろい。

 今年は他地区の小編成(高校)を聞く機会があり、その2団体も予想
どおり県大会へ。きっと興味深い演奏が続くだろう。

 中でも特筆すべきは、O校舎。選曲の妙といい、指導者のこだわりといい、クラの絶品のソロといい、インパクトのある演奏だった。県でもおもしろいのではないかと思ったり。また、M工も個人技をうまく聞かせる演奏で、県大会出場を決めた。どんな演奏になるのだろう。楽しみである。

 中学校は、OD中。課題はまだまだたくさんあるけど、堂々の演奏。今年も県でもあばれてほしい。小編成は、OM中、HD中、そして前任校S中…わがK中もおかげさまで。周辺部の学校が代表になったこともまためずらしい。
 地区大会でやぶれはしたが、M中のサウンド感もよかった。しかし、それ以上にT中の生徒の成長に感動した。結果がでなかったものの、大会の係として「さわやかなあいさつ」がみられた。来年こそはの思いさえ感じる生徒の行動に拍手!だった。

 小学校は、昨年アベックで県を制したTM小、OD小がぬけた。県大会で前後の順になったが、ぜひ今年も頑張ってほしい。OD小は低音がもう少しほしい印象、TM小はいい表現だったので、より精度をまして臨んでほしい。

 下吹もふくめ、チーム下北09。今年はどんなドラマがあるのだろう。
 

 ちなみに、うちはやっと細かい部分のチェックに入った。でも時間的にどうかという思いにおわれやっている。確実にいえることは、こどもたちが少しずつ前に歩き始めたという事。
 練習時間も少なく、確かめもできないメンバーたちには、集中力と効果的な練習、しかレベルアップの方法はないなと強く感じる。

 それでも、地区大会のときは多くのメンバーと目も会い、すごく一体感のあるステージだった。(録音をきくとつらくなってしまったが)。
 
 今年は子供たちの力を120%ださせてやりたい。強くそう思う。 

posted by くまおやじ at 22:23| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。