2009年03月29日

新たなスタート

 1年前を思い出す。

 離任式で涙し、送別会で感謝していたこと。
 
 ラストコンサートを企画し、実行にこぎつけてくれた子供たち。

 

 1年たって、新たなスタートの気分。

 あいだみつおの詩に「しあわせは いつも 自分の心が決める」というのがあったなと、今改めて思うのはなぜだろう。

 今年1年は、自分の心が決めたわけだから、後悔の念が残るというのは決めた中身が悪いということだろうな。
 
 ともあれ、新たなスタートを迎える準備をしようというえねエネルギーが少しずつ生まれていることを感じる。

 あと数日。

 新たな年度には、どんなドラマが待っているのか…結局決めるのは自分。人のせいにすることはできないわけだな。


 吹奏楽を通して、子供たちがどう変わっていくか…部活動を通して子どもの成長をめざすとい本来の目的を忘れ、演奏技術ばかりを追い求めていけば演奏レベルがあがっていくと思っている指導者もいるという話が、話題になることが多い。

 どうすればああいう演奏になるのですか?という質問もされることがあるが、結局「技術指導」以外のところにどれだけ手をかけるかといこと以外、何もない。そして、それは絶対に「おもてにはでない」部分だということ。また、出したら嫌味以外の何物でもないということ…。

 吹奏楽部が上達するために必要なもの…それは音楽をつくるために一番必要な「心のやりとり」ができ「心遣い」ができること、心なんておおげさなら「気持ち」でもいい。みえないものを自分がコントロールでき、他の楽器とあわせた感動を自分の中にしまいこむ…それが大切なことだと思い、活動を続けている。

 学校の先生が、どれだけ子供たちの<心>を涵養できるか、上手いバンドはその部分がきちんとできているということ。結果はそのかかわりの結果。純然たる事実がそこにある。だから、間違っても「技術指導だけでうまくなる」とか思ってはいけない。若い指導者の悩みはつきないけど、励ましてあげることも話を聞いてあげることも必要なんだよな。自分でできるなら…。
posted by くまおやじ at 22:26| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116411365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。