2008年11月09日

北通りバンドフェスティバル

 そういえば、1年前に10名の衝撃デビューを果たしたこのコンサートだったなとの思いが…。

 ウィングでのバンフェス、北通りの小中高の演奏がくりひろげられ、素敵なコンサートとなった。

 S小は10名が楽しそうに音楽をしていた。かわいらしい演出も。そのまま中学校へあがっていって、吹奏楽をやってくれるといいなと思ったり。

 そのS中は、卓越したTpと技術がさらに向上したDsが曲をしめ、すばらしいできであった。相変わらぬサウンドで、後輩も育っているようだ。

 OP中とK中の合同演奏は、幅広いジャンルの選曲、ナレーションの楽しさをはじめ、堂々とした演奏がくりひろげられた。フックトオンクラシックは、その先にある「目的」を感じさせる選曲だったと思う。

 びっくりしたのはOM中。すばらしい成長だと思う。音も変化し、ソロも堂々とし、なにより「ナレーション」を一生懸命読んでいる姿に感動した。来年、もしかしたら大躍進できるかもしれないと感じる演奏だった。

 北通り(今回参加)の中学校は、今年度みんな地区銀賞。昨年までと比べ急成長だといえる。それが、今回のコンサートではさらに大きく成長したあとがみられた。

 OM高。20名。
 ちょっとアドバイスすることもあり、いろいろやってみたが、本番ステージの経験がもっと積み重ねられば、きっと花が咲くと思う。本番で緊張した生徒が多かったようだが、それが経験。きっとうまくなるかとおもう。

 下吹は招待演奏ということで、40分近く演奏させていただいたが、こういうステージの経験が、普段の練習量を増やし、経験をつむことになるわけで、それが大きな財産になるかもしれない。いずれにしても20名ちょっとであったが、楽しく、適度な緊張をもって演奏でき、会場から大きな拍手をいただいた。来年もきたいなと…。

 こうした交流をうまくつないで、地域を盛り上げることの大切さを改めて感じた1日だった。
 
posted by くまおやじ at 21:58| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。